インクジェット装置

Tritek “Tri JET”series 装置ラインナップ

•DotView(ドットビュー:吐出観察装置)


【概要】
インクジェットヘッドから吐出されるインクの様子を観察したり、吐出速度を測定します。DotView装置単体でのご提供だけでなく、インクジェット装置本体へオプションとして吐出観察装置を取付可能です。

•Patterning JET(パターニングジェット:高精細インクジェット印刷装置)

【概要】
ウエハーやガラス基板に高精細な描画(パターニング)を行うエレクトロニクス用途としてご活用頂けます。

材料開発、デバイス開発、基板開発用途、等に効果的な装置です。

•Stage JET(ステージジェット:大判サイズ対応高精度インクジェット印刷装置)


【概要】
Stage JETは、およそA0サイズ(841mm×1189mm)迄の大判サイズ描画が可能です。主としてスクリーン印刷の置き換えや、板物の印刷装置としての導入に適しています。
生産性においては標準で10-50㎡/hの描画が可能です。
構成によって100㎡/h以上可能。高速対応インクにも適合しています。

•Kenzai JET-pro(建材ジェット:建材用インクジェット印刷装置)

【概要】
住宅の外壁に使用されるサイディング材へインクジェット方式で表現豊かな印刷を行います。 微妙な色みやオリジナルのパターンを外壁に用いることで建物外観デザインの幅が更に広がります。
MAXサイズ4,000mm×510mmの基材に対応可能。

•OnePass JET(1パスジェット:1パス対応インクジェット印刷装置)

【概要】1パス印刷の様々なシミュレーションを実現する実験機です。
①リニアモーター駆動で最大速度2.5m/sec(150m/分)の高速印刷が可能。
②ヘッド:固定方式、テーブル:A4サイズ、インク:水系、UV系へそれぞれ対応しています。
③インク評価(水系インク、UVインク対応)及びメディア評価用としてご活用頂けます。

•Roll JET(ロールジェット:ロールtoロール方式インクジェット印刷装置)

【概要】

本格的生産機に対応した自動メンテナンス機構を搭載しています。
多種インク対応・水系/溶剤系/UV系(インク毎に別機種となります)。
ロールtoロール方式でメディア搬送。1パス高速印刷を行います。

•PrintStation(プリントステーション)

【概要】
既存の搬送設備へ搭載しインクジェット印刷を行います。
①ヘッド数及びヘッドとインクの種類はご相談に応じます。
②ヘッド:固定方式又はシャトル方式
③インク:水系、UV系へそれぞれ対応。
④ヘッド駆動条件(電圧、パルス、周波数、温度等※ヘッドにより調整可能な項目は異なります)を調整できます。
※PrintStationの詳細につきましては「お問い合わせ」ページより直接お問い合わせ下さい。

•MarkStation(マークステーション)

【概要】
インクジェット印刷による追い刷りで各種帳票へバーコードや文字列、数字等をバリアブルで印刷可能です。
①インクの種類はUVインクと水系インクです。
②ヘッド:京セラ製ヘッドを搭載しています。
③対応コード:バーコード、QRコードなど全25種類に標準対応しています。
④MAX印字速度は水系インク150m/分、UV系インク100m/分です。(600dpi*300dpiの場合)
※MarkStationの詳細につきましては「お問い合わせ」ページより直接お問い合わせ下さい。