DotView [インク滴観察装置]

Dot View(ドットビュー:インク滴観察装置)

<DotViewとは?>

インクジェット描画を良好におこなうためには、インクと使用するプリントヘッドおよびプリントヘッドを制御する駆動パラメータとの相性が重要です。弊社インク評価では、ドットビュー(吐出観察装置)を用いてこの相性の評価を行います。良い相性には、プリントヘッドノズルからの安定したインク吐出、吐出液のサテライトや吐出曲りが発生しない、ノズルの目詰まりが発生しない、などの特性が見られます。これらの特性については、インクの粘度、表面張力値などが目安とされていますが、DotViewでは実際の吐出状態をモニター観察することで直接確認できます。印刷物からは判断できないことも、液滴の吐出状態を直接見ることによって様々な現象解析に対応することができます。

DotViewでの測定結果(=吐出条件)はそのままトライテックの印刷装置に使用できます。インク制御方式は同じです。初めて使用するインクの場合、DotViewで吐出パラメータを調整し、抽出された条件を印刷装置に適用するのが一般的です。

<DotView概要>
  • ヘッドから吐出される液滴の様子をカメラでモニター表示し、吐出速度を算出表示します。
  • DotView装置単体でのご提供だけでなく、インクジェット装置本体へオプションとして吐出観察装置を取付可能です。
  • 2009年3月より、コニカミノルタIJヘッド版に加えて京セラヘッド対応版リリースしました!
<DotViewの特長>
  • 2種類のヘッドを搭載したタイプもあります。(KM512ヘッド+京セラヘッド)
  • 高性能光学系をつかい、初発の画像を観察可能
  • 生産性向上のため各種自動化機能搭載